読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寂しい生理前の日記

 

好きな人の乗ってる電車に乗って学校に行く

朝の気だるさは無くて体の疲労感があった

最近始まった高校三年生の授業を受ける 高校の坂の下にあるコンビニには好きな曲の歌詞に出てくるソクタッチは無かった

朝の教室はいつも他の男の子達がいて、その中の1人を目で追いかけたりしてる

体育の靴下を忘れて学校指定の黒のソックスで受ける

17歳の私の足は細くない

担任の先生に大学の話を一方的に話す二者面談をする

お昼、友達のいる隣のクラスにお弁当を食べに行く

文芸部の部長の女の子のいるクラスに行って入部したいと話をしに行く

足が細くてお姫様みたいなタイニーな女の子だった

2年生のときから遠くから見つめていたりしたけれど、小さい声で早口に話す女の子だった

軽くなんてないことを笑って早口に話す先生を傲慢だなんて思う 私の好きな人も、大切なことをヘラヘラ笑って話す

桜が舞って散った花びらを掃除の時間1年生が掃いてた

家に帰るのは憂鬱でなんの音も聞かずに電車に乗った

好きな人は何をしたら私を好きになるかなあとか、好きな人が私を好きな想像をしたりした

6両の列車の1両目

みこちゃんって名前、前から可愛いって思ってたって言ってたなあと思い出して、ちょっと前のクラスの自己紹介で、自分の名前を気に入っているって言ったなあと思い出したりした たばこを持ち歩こうかなとも思った チョコレートを買った

好きな人に好きだって言ったらまた全然嬉しくなさそうに笑うだろうなと思う 加藤ミリヤを聞いたりしている

「2人は死んだしまた死んで、消えていきながら忘れていく」って日記に書いた

今日も仲良くなりたい子とは話さなかった

泣きながら桜を撮って、ピンクのかばんで隠しながら電車の座席で泣いて帰ったことは結局日記には書かなかった

何も誰にも言わないでいる

憂鬱な三月の日記

暇な時間を寂しくしてるわたしだから電話したくなる、ただの怠惰を寂しいって思ったりしてる

部屋が服で散らかる 服も欲しい きっと代わりを何人も作ればいいんだと思う、きっとわたしの求めるものは気まぐれだろうって思ってるから時間だっておけばいいと思ってる そうすれば優しくしてもらえるし触れられるし ちょっとは求めてもらえるって思ってる、

エモいし、話したいけどちょっとでいいし 話したってつまんない きっとほんとに好きだったらもっと、違うって、分かるし

望んでるのは結局求められたいっていうことで、安心が欲しいとか、それでもそれはたいした思いじゃなくて、こう、すぐに忘れちゃうはずの口から吐き出たことばなんだけど、自分で何度もそう言うせいでそうやって錯覚しちゃってるから、またおかしいんだよねえ

仲良くしたい人も興味があるのは新鮮さだけで、好きなものもそう つまんないっていう自分の外見って人並みよりも魅力はないし、それって何にも努力もしてないのに何言ってんの、ってかんじ きっとそう言われちゃうよね

気取って笑ってる声は聞けるから、いつもあーあーって思うような電話終えたりしてる、可愛い子と何にも、変わんないのになあって、悲しくなったりしてる 自分の笑い顔も好きじゃないし、結局なんなの?って言われちゃうような毎日なのかなあ 絶対違うなんて言える、言えるだけ、きっと意地張りかなあ

可愛い後輩になりたいだけだったし、可愛くていちばんすきな女の子になりたいだけで、まあ極端に言えばそれで、まえはなんかなんとなく毅然としてる人にも毎日楽しい人にもなりたいっていってたなあーって思ったりする

他の人の香水を真似するのは悪くないしいい感じだなあって思ったりする、お金もないわけじゃない もう春は売ってない、それでも可愛いわけじゃない、うらやましいなあーって思ったりしてる きょうきっと彼女さんと会ったひだよね、へ

重症みたいだけど ほかからみたらね 認めたくないことは思おうとしない あたりまえかなーー

優しくされたいだけだし、なんにも増さない きっとね、きっとね 出ない理由だって、考えたりするしね

きっとわたしはなんにも寂しくない、ただきっと退屈で、他の女の子がうらやましいだけ 期待してるものが手に入らなくてもどかしいだけ それが好きな気持ちに錯覚してるだけ 需要ない文書いてるような日々 備忘録でも何でもない文書いてるような日々 あぁそうって言われるのが怖いだけ 

なりたいものにはなれる 期待してるものは手に入らない 

平凡な恋愛をたまにうらやましく見たりしちゃう ふにゃふにゃに笑う 日常で目に見えるものをお揃いにしたりする くだらないつまんないなんにもない 夏みたいにくだらない十代の恋愛 恋愛なんてしてないよ

結局なんにも自信はなくて、わたしが人に言うみたいに、やさしくしてあまやかして認めてあげて、想ってあげて その人の喜びそうなものを贈って、同じものを持たせてちょっと支配して、夢中にさせてずっと一緒にいたいなんて言われて喜んで、そんなことがしたいだけ、だってただ、きっとただ退屈なだけだから

いろんなものを忘れちゃうほど、気まぐれの喜びに夢中になったりしてる それでいいよ、って言ってる、好きなわけでもないから 

五月がくる、五月の夜はきっと風も消えてる あときっとここには一年しかいられないから、いいよ、好きに求めればいいよ 忘れちゃだめだよ、きっとわたしも忘れちゃうよ

大切なものを捨てなよって前言ったから、いまは大切なことを忘れなよって言おうかな また五月になれば、私もまた変わるかな

f:id:mikoonoda0120136:20170329223150j:image

 

やっぱり結局たばこも好きじゃない。久しぶりに会う友達も、変な言葉使って変な彼氏を選んで変な趣味をしていて好きじゃない 変な靴履いたりしてさ

 

f:id:mikoonoda0120136:20170329223929j:imagef:id:mikoonoda0120136:20170329224059j:image

 

1年後は、どうせ吐くからいいよ、ってバイトのお金で夜中にコンビニで買ったお菓子ベッドで食べてよ、痩せたわたしで、さ

それしか見てないんだもん、いまのわたし もっともっと夢を見よう、王子様を夢見る子供になって、さ

深夜の2時に、怖い夢を見たくない子供にする話して、って言ったら怖い夢?っていつもの声で聞かれた 聞かれたけど話すことないって言われちゃってがっかりした、わたしにもだれか、春に桜の砂糖漬けを贈ってください でも次の春でいいかも 次の春でいいよ 

18歳の誕生日祝ってって言ってもきっとそんなにわたしが期待してるような言葉はくれないんだろうな

 

せつないなあ

 

私の人生映画みたいだってあなたに言ったね

 

前からずっと読みたかった、大道珠貴のショッキングピンク

あーん、ずっといっしょにいたいななんて、きっともうじきまた、はじめていう

 

また新しい香水を買った、高校の勉強も何にも、していなくて

 

昨日あっさりとお別れをした人もいた。触れたい人に会えて、待っててよかったーなんてフワフワおもったりした

 

好きでも嫌いでもない季節だし 変なのって言うよ

 

日記だって読み返さなくなったし、バカみたいに音楽を聞いてうんざりしてまた、何かを忘れたとおもう

 

もう会えないってきみが言わなきゃいけなくなることばを、きっと私はあとで知るし、それをきっと言わない

恋なんてずっとしていない きっとずっとしていない

知らないしそんなに思っていないけどね

 

 

一緒にいたいだけだよって言ったら笑われて嫌だった

 

ずっと都合のいいふたりでいいよ、都合のいいふたりが好きだよ

ずっと近くにいて、また電話したらいつでも会ってくれる?ずっと私を知って覚えてくれてる?

 

ずっとなんてないってこと知っているし、あなたにそうやって聞くんだよ

 

 

きょう、バイトでお土産持って行ったら喜んでくれた人がいたな

ずっとそうして来たように、どこにも行きたくないななんて、帰りたくないななんて、今だけ言えばいいよ

いまだけの怖いことも怖がって卑怯な思いでいればいい

気取った声を聞けばいいし、すました顔でいればいい 自分だけの色を身につければいいし、都合のいいことばを吐けばいい

そうやって好きに触れていればいい

 

忘れることも恐れたらいい

 

満足して、また会いたくなれば繰り返して、ちょっとだけその人の気持ちも考えて 可愛がってあげたらいい

自分勝手に好きだよって言えばいい

好きな人がいるんだね

あははは

猫みたいに壁に噛み付いた

最初から知ってるよ

三年生はきっと、やめてることたくさんあるだろうね

バイト終わって泣いて帰る道も知ってるよ

三月になればまた私も何か変わってるかなって言ってたね

いちばん好きだからちゃんと覚えてるよ

だからって何かあるわけでもないよ

一緒にいたいなって言ってたね

1人で電車に乗って映画を見ていろんなところに行くきみ 

花粉症で泣いてるみたい

部屋が夕焼けの光が差すから、オレンジ色の部屋で紅茶淹れてロールケーキ食べたよ

イヤホンで音楽聞きすぎて、耳も目も体もiPhoneもおかしくなってるの

笑っちゃうね またお腹壊したりしてさ

日沈んで 夜とのあいだには水色の部屋になる

私も、一人絶対的な それでも何にもない それでも近くにいて 手に入れてはない 手に入れられたい そんな人がいたらいいな

あの人たちみたいにさ

あの人みたいになりたいな

みんなのこと、唯一無二に愛してるきみ 唯一無二に、愛してあげるきみ 

きみだけだよ 

傷付くこともしない 傷付きもしない 傷付かない

桜色の爪 真っ赤な水玉柄の傘

桜色みたいなきみになりたいな

泣いてないよ

きみが私に噛み付いたって 私がきみに背中で触れることができたって

空想の中みたいで 

いつも通りに一人で歩く廊下、水槽みたいな床もきっと水の中

夢の中にいるのかなって思った日も

お昼まで夢中になって夢を見てぐっすり眠るきみ

勇気もある 嫌いな人もいる

触れたい思いで話したり歩いたりした

もっと分かりやすく言いなよ 何を期待してるの

ずるいよねって言われて嬉しかったよ

一人で泣きながら走ったりしたよ 

真っ暗で一人は二人じゃないって知ってたよ

夜の方が好きだったよ

二人が変わらないなら何も変わらないよって、安心したりした

行為じゃなく、怖いことがあっただけ

きみは あの人は 寂しいんだね

きみって言ってる私じゃなくてね

 

あの人は きみは 一人なのに 何にも考えてないんだね

 

もうすぐ高校三年生になるよ

 

ハッピーホワイト、赤か青か白か黒

硬直的であればあるほど、一方的であればあるほど、望まない愛は恐怖なんだと

 

私にはそんな友達、いないもんって心の中で友達に言う

春には青い服が欲しかった

昔というほど前では無い過去に、母親に似合うと言われた赤がある

私が毎日会いたいなって言った人に、自分って何色だと思う、って 一緒に帰った二回目の夜に聞かれた私が、四色あげて、やっぱり赤かな、って言った

17歳の12月から、赤に守られてるんだって、いつも私は私に言ってる

いつも大切なことを忘れないでいるために、毅然としていたくて、赤い瓶の香水を買ったのに

2人ともきっと忘れちゃうよ、忘れてしまうよ

昨日、水色の春のベロアを買った

好きだと言った人に、もう一緒にいたいと言わなくなった

 

素敵な文を打てるようになりたいから、今度谷川俊太郎の本を読もうと思うの

好きなバンドも、もっともっと、増やそうと思ってるよ

私の大好きな女王蜂も、最近見つけて好きになったおいしくるメロンパンのCDも、欲しいんだけど、お金たくさんないんだー

髪の毛をいつか金髪にするよ、いつか見せに来るね。見せに来ていい?

似合うと思うよって先生が言ってくれた金髪だよ

先生も金髪の頃あったんでしょう、わたしが20歳になったらまた、会ってくれる?会いに来てもいい?

また素敵な夜をぜひ、でももうきっと無理かあ。

先生、先生が見てくれなかったから、私もうやめちゃうよ、

10歳離れてて、誕生日も同じで、誕生日おめでとうなんて、一度しか言えなかった、言わなかったね

17歳は、誰にも祝われたくなかったの

いつか作曲家になりたいの どんな?ゆいいつむじの、ゆいいつむにじゃない?何でも良くない?

幸せそうに笑うね、ごめんね

やっぱり二度と聞かないから、何でもないね

私、恋なんてしてないよ

 

自分の思い通りに、チョコが渡せるわけじゃないのに

 

周りに溢れてる人のなかから、私のことを好きな人が、一瞬に、ぱって分かるようになった

好きになったら、負けみたいなさ

私が好きになった人は、みんな可哀想だなって思ったりするけど、そこまでみんな興味もないよな

会わなくなればどうでもよくなっちゃうよねって言った人の隣の私

なんにも言わなかった好きな人もいたよ、いるよ

幸せに気付くのは遅いほうがいい 絶望だってするから

わたしは記憶があるんだよ 幸せだよって 今日自習のとき日記に書いたよ

なんにも言えないからチョコをわたした

忘れちゃうよ きっと私も 忘れなきゃ生きていけないんだって

悲しい曲だね!

 

大声で言いたいことも、笑って流していていいよ

何にも知らないきみが あなたが好きだ

私に好かれなくて良かったね 大好きだよ

私が好きなんでしょって、泣きながら言ってるよ

 

ハッピーホワイト、三月の赤

ハッピーバレンタイン

駅のホームにも雨が入り込む大雨と風で大荒れの青の中で

クレバの今夜はブギーバックのメロディが好きだ

青いニットを着て、真っ青なノートを見てた

呼吸するみたいに、風が外に吸い込まれて、息を吐くみたいに、風が吹いて行った

学校の踊り場の窓から見える四季を見守っている

都合よく支配されることを望んで、支配していたものに意味を付けて価値を置いてる

欲望無しに努力も夢も持てないんだよ

勇気が必要なんだ

 

「人の真似をすることしか手段がないことに絶望した」という、まだ思いを言葉にしきれてない不完全な言葉を、いつか完全に出来る知性を持って、過去のこととして誰かに言う日が来るのだろう

絶望を愛す人が新宿にいるんだよ

常に好かれることを求めてるから、認められることを求めてるんでしょう

 

きみは、人に理解されることを諦めて、難しい言葉を使って、理解されることを拒んでいるの

またささくれを剥がして血が出た

赤に守られているんだね 17歳の12月から

どんな人になりたいかは自分が好きに選べばいいよ