読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたが好きでした。

 
明日行きたくないな。
 
何も考えずに青春が終わるなんて嫌だ。
考えすぎるのも嫌だ。
 
なんでこんなに。わたしは。音楽を聴くんだろう。
 
わたしは、誰の一番にもなれないんだろか。
 
愛してるって言って 愛してるって言って欲しかった
 
泣くとだいたいいつも元気になる。音楽を聴いてぼろぼろぼろと泣く。それで寝てしまえばもう忘れてしまう。
「つらいことは忘れてしまえ」なんて、なんて無責任な励まし言葉だろう。
忘れたくないのに、忘れたくない感情ばかりなのに、忘れないと進めないなんて。
この前、また好きな人の隣で泣けた。あの人は気づいてくれたのだろうか。
好きな人なんかじゃない。
眠い。クソ
 
生理前かなぁ。なんでこんなに情緒が安定しないんだ。
泣きそうになって、必死に我慢してが今日もあった。なんで1人で泣こうとする。好きな人の前でしか泣こうとしない、泣いているのを見られるなんてどれだけ悔しいか。恥ずかしいか。私のことなんて気にしなくていいよ。
あぁ、クソ
わたしのことなんて見ないでいいよ、泣いてしまって私が傷付いているなんて気付かないでいいよ。私のことなんて見なくていい、君が幸せなら私なんて気にしなくていい、ひとりでできるから、気遣いなんていらないから
大好きだったあなたが私を見てくれなくて私はいつだってお母さんに合わせて、私は言いたいことも傷付いたことも言わなくて
私を見て欲しくて、私を否定して欲しくなくて、理解されないのが悲しくて、今日も泣いていて、だれにも抱きしめて貰えなくて
あの人の抱きしめ方は、私が望んでいる感情からくるものじゃなかったって、私じゃなくてもだれでもよかったって
 
誰か助けて、
 
誰か、私を好きになってくれるだけでいいから、ただ私だけを見てくれればいいからって、これ以上ない贅沢を望んでいる、
クソみたいだ
 
 
後悔しない生き方はしているから、なんかいいタイミングで死なないかな
気づかない間に死んでいたい。で、わたしは何が残せているんだろう。
私だけがいなくなればいい、気づかぬうちに。
こんなに弱くて情けないから、痛くないようになんて臨むのは当たり前だね、
だれも死ぬ必要なんてない、わたしが死ぬだけだ
 
辛いって言いたい、私の逃げ場は音楽しかないのかな、
あの人にも言えなくなってしまった
だれも私を見てないんだ
涙がぼろぼろぼろぼろぼろぼろ
いんだまいはうすの遊覧飛行
悲しいな
寂しいな
あの人に会いたいなぁ
あの人にしか会いたくないなぁ
ぼろぼろぼろぼろぼろぼろ
 
あぁ゛
疲れた
こんなの公開するのか
誰も見なくていいや
誰にも見られたくないよ 
だれかひとり
 
家にいたくないからって外に出て
そしたらひとりになるしかないじゃん
誰にも頼れない
もっと自分に頼れよって言ってくれる存在が
 
涙ぼろぼろでさらに顔がむくむね
目が腫れない体質が憎い 誰にも気付いてもらえないじゃないか
大好きな人の言動で傷付くっていう
お母さんの言動で傷付くっていう昔からのやつが
高校生になってでかいものになるとは
 
取り消されることが二回続いて起きたことはべつにとくに悲しくないよ
取り消されることが悲しいんだよ
傷付いて今日も忘れて前に進もうと
 
 
私のこときみは好きじゃないんだろうね
だから返事がないんだろうね
さいしょから待つことなんて無理だったんだね
無理することはできても気持ちで待つことなんてできないんじゃないか
謝罪なんていらないから好きって言ってくれるだけでいいから
そんなこと無理なんて分かっているから
だれか私をみつけてくれ
 
ぼろぼろぼろぼろぼろぼろ
 
気付いてほしい人だけに気付いてほしい
わがままクソ
 
鼻水やめてほんとにうざい
 
頼りたい人にだけ頼りたい
 
好きな人に頼りたい
 
私を心配してくれる人のことを私は好きじゃないんだね
 
今になってはっきりわかったよ
 
綾乃もなみりもぐすくまさんも茜ちゃんもあゆかちゃんもひびきちゃんもりりちゃんもなっちゃん
 
好きな友達がいないんだね
じぶんは友達どころかその人のこと好きでもないんだね
 
 
聞いている音楽が終わったときの恐怖感
 
わたしのこと大事にしてくれる人なんているのか
 むりだよ待つなんて
なんでわたしのことを考えてくれないの
分かってくれないの
 
音楽しかないのかほんとに
 
ぼろぼろぼろぼろぼろぼろ