読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局の話

明日は学校がない土曜日で、好きな先生の住んでる町のラブホテルに、マックをテイクアウトして行った。二週間ぶりに会う、お友達の年上の男の子はなんだか現実だった。今日はツインテールなんだね、って助手席に座るわたしに手を伸ばしたあの子の顔は、眩しすぎる夕焼けで見えなくなっていた。渋滞に引っかかった時にはまっくらで、初めて会った日のわたしにはやっぱりなれなかった。サガミオリジナルでずっと動画を撮られてた、補習終わりの華金の放課後

 

契約をしたいなって言ったら魔法少女にでもなるの?って言われて嬉しかった

いつだってぼんやり錯乱してるんだよ

 

今日、隣の席の男の子が持っていた緑のシーブリーズをなんていうやつか聞いた。青リンゴじゃないかって期待していたけれど違って、現代文の授業で夏目漱石のこころを交互に音読した

 

母親が真っ赤なカーディガンを買っていて苛ついた

私に似合うと言った赤の、私の似合わないカーディガン 

気持ちの悪い夜と言葉

「それでも私が好きだったんだろ」

 

きらきらしてる女の子

気付けられない哀れな群衆

 

唯一無二と絶対的をお守りみたいに繰り返している

もうあの娘は私を知らないふりして優しくしてなんてしないんだ

好きじゃなくなったから戻れないんだよ 何も知らずに好きでいたように

 

私の言うあの子 あの人は何人もいる

君じゃないんだよ 分かる? 

壊れた部屋から月日を 見下ろすよ

私が「それでも私が好きだったんだろ」って言うんだよ